庄治郎丸のLT五目で癒される~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりにアジでもどうだろう?

最近はマダイにアナゴにと本気で取り組まないと釣果が得られないような釣りばかりをやっていたのだが、たまにはボーっと釣りがしたいものである。

そうなってくると、東京湾のLTアジあたりに出かけるのだが、東京湾のLTアジもそんなに甘くない状況が続いている・・・

そんなとき、会社の大先輩から、相模湾は平塚の庄治郎丸でLT五目はどうですか?とお誘いを受けた。

LT五目と言ってもメインはアジ狙い。

サニービシFL50号+アミコマセ+ウイリー仕掛けを使った釣りなので、一之瀬丸のアミ五目と近い感覚で釣りができるようだ。

アジだけでなくていろんな釣果も混じるようなので癒されに行こうと、お誘いを快諾した!

庄治郎丸は平塚駅から送迎もあって便利

庄治郎丸は平塚駅まで送迎をしてくれる。

LT五目の場合は6:40出船なので6:00に平塚駅に送迎をお願いした。

本当なら6:00に平塚駅に到着する東海道線で早朝に来るはずであったが、始発だと朝が早いのと平塚駅前のビジネスホテルが3000円チョイで泊まれたので前泊をすることにした。

前泊はホテルリブマックス

ゆっくり寝られるのと旅気分を味わえるので個人的には前泊は大好きだ。

さて、6:00丁度に庄治郎丸の送迎軽ワゴンが平塚駅南口へ到着。釣具を乗せてもらい約10分。船宿に到着となる。

前回来たときは真冬だったので真っ暗だったが、さすがに5月となると6時ではメチャクチャ明るいなぁ。夏の訪れを感じさせられる。

庄治郎丸に到着後、支払いを済ませて氷を受け取るとすぐに軽トラに乗せてもらって出船場所へ向かう。

船に到着すると既に釣り座にはコマセなどが全てセットされている。

道具の準備を始めたところで早速出船だ!

いざ出船!癒されよう!

6:40am 出船。10分程度で釣り開始!

相模湾は港をでたらすぐに深くなるため、東京湾に比べて出船後すぐに釣りができるのが良いところ。

この日は若干うねりは残るものの、波も穏やかで風もなく快晴で、絶好の釣り日和である。

相模湾名物富士山も薄っすらと見えている。

仕掛けは以前に一之瀬丸でアミ五目をした時に購入していたウイリー仕掛け

ハリスは2.5号のものを利用。3本針で一番下だけ空バリなのでそこに付け餌のオキアミをセットする。

FLサイズのサニーカゴは上窓を1/3ほど開け、下窓は完全に閉めた状態でスタート。

最初のポイントは水深30m前後と比較的浅い釣り場であるが、漁礁近くなので着底後3mほど巻き上げてからコマセ撒きスタートだ。

3mで撒いて、3.5mで撒いて・・・と徐々に上へ上へと探る。

ところがあまりアタリが無い。船中もそんなに多くのアタリがあるわけではない。

同行者はぽつーんぽつーんとであるがアジを釣り上げている。

あれれ?と思いながらいろんな誘いを試してみると・・・ゴンゴンというアジ独特のアタリが。

LTアジの時と違い自動針掛かりのムツ針仕掛けではなくチヌ針仕掛けなので、軽くアワセをいれてから巻いてくる。

今日は完全手巻きタックル。アジの引きに合わせて巻くスピードを柔軟に調整できるのと、ダイレクトに駆け引きを楽しめるのが魅力的だ。

しばらくして上がってきたのは、予想通り15cmクラスの小型のアジだ。

さて、良い感じだ!と手返し良く進めるもポツリポツリとしかアタリが来ない。

他の人もアタリが少なく、しびれをきらした船長がちょっと深いところ行きます。とアナウンス。

深場へ移動。アタリが続くも手巻きだとキツイ!

浅場にもアジはいるらしい。

だけど、潮が澄んでいるせいかなかなか口を使ってくれないとのことだ。

そこで移動した先は・・・水深65m!

手巻きだとちょっとキツイ水深ではある。

同行者はそそくさと電動リールへとタックルを変更していた。

周りを見てみると自分以外はほぼ電動リール使用ではないか・・・

今日は電動リールを置いてきたので完全手巻きで頑張るぞ!と奮わせる。

船長の指示通り底から3mでコマセを撒いて徐々にしゃくりあげていくが、なかなかアタリが来ない・・・手巻きで付かれてきたから、とりあえず3mでコマセを出してから4mで置き竿で休憩・・・

すると・・・ガンガンというアタリが!

これはアジだな・・・でも一匹で撒いてくるのは手巻きではキツイ・・・ということで、50cmづつ巻き上げてじわりじわりと追い食いを狙う・・・

ガンガン・・・ガンガンガン!
お!もう一匹付いた!

そこで水面まで上げてくる。

電動リールとは違ってうまくアジの引きを味わいながらのエスコート。
無事に2匹のアジを釣り上げることに成功!

2回目も同じように置き竿で・・・ガンガン!
もしかして、今日はあまり動かさない方がアタる?

そこに気が付いてからは早かった。
毎回、コマセを出してそのまま動かさずに30秒~1分ステイしているとアタリが来る。

今日はこのパターンか!
毎回追い食いを狙って、ダブルでどんどんGET!

飽きない程度のペースでアジを含めいろんな魚が遊んでくれた!

あ~癒される~!!

1:30pm 沖上がり。LT五目は外道も豊富で楽しい!

LT五目で釣りをしていると多彩なゲストに遭遇する。

一番多いのはこの金魚。

酷い時は3本針に全部コイツが掛かってくることもある。

あとは、サバ。

サバは落下中に仕掛けを止めてくることもあるし、回収時にかかることもある。

個人的にサバは美味しいから好きなのだが、周りの人とオマツリを誘発させて仕掛けをぐちゃぐちゃにする厄介な存在。

同行者はサバはすべてリリースしていたが、自分は血を抜いてお持ち帰り。

一番デカい奴は〆サバに、小さい奴は竜田揚げにしよっと♪

そのほか、ブリの幼魚であるワカシやカンパチの幼魚であるショゴ、あとはカサゴや特大ウルメイワシなんかも釣れて大満足の釣行となった。

小さいアジが中心だが27匹の釣果は食べる分にはちょどいい

使用タックル

  • ロッド:ダイワ ライトゲームX 73MH
    東京湾相模湾のLTゲームはほとんどこれで行けるんじゃないか?と思うほどの汎用性の高いロッド。2021年に新モデルが出たのでこれから買う人はそちらがお勧め。調子は73が良いが M~MHらへんが汎用性が高くてオススメ。
ライトゲーム X 73 M-190 R 5500515 ダイワ
フィッシングマックス楽天市場店
  • リール:ベイゲームX 150DH
    個人的に手巻きのリールではかなり気に入っており、手巻きでする船釣りはほぼすべての釣りでこのリールを使っている。
  • 道糸:PE2号

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました